長いようであっという間の冬休み

長いようであっという間の冬休み

昨日で娘の冬休みが終わり、今日は始業式です。久しぶりに学校に行くので荷物がとても多くて大変そうでした。冬休み中は登校しなくて良いので朝のバタバタから解放されて私としても嬉しかったのですが、今朝は久しぶりにバタバタ準備しました。
冬休み中は学校から宿題が沢山出たのでどうやって終わらせていこうかと娘と頭を悩ませました。子どもが自分で計画的に勉強できれば良いのですが、娘はまだ1年生で丸付けも「お家の人にしてもらってください。」という学校からの指示があったのでちょっと大変でした。冬休みの計画表があるのですが、事前に何時に起きるかとか生活スケジュールを子どもたちが記入しておくんですよね。冬休み中、一体何日そのスケジュール通りに生活出来たのか母としても気になるところです。
子どもがきちんと予定表通りに勉強したり生活したりって学校がある日ならまだしも長期の休みには中々難しいんじゃないかなと大人になった今でも思います。なぜなら私も予定表通りに長期の休みのスケジュールをこなせていなかったからです。休みに入る前は「規則正しく早寝早起き、宿題も早く終わらせる!」と意気込むのですが休みに入ったとたんに気が抜けてしまうんですよね。娘は宿題はかなり早めに終わったのですが、冬休み中は早寝早起きが全く出来ていませんでした。
今朝は久しぶりの学校という事もあり頑張って起きたのですが夜はちゃんと早寝してくれるのか心配です。冬休み中はほとんど娘とべったりだったので今日から学校に行っている間はそれから解放されるのかと思うと嬉しくもあり、ちょっと寂しい気もします。